神谷明「ハッ、こんな安いギャラで仕事ができるかいな!」