両津勘吉がカイジのギャンブルに参加した時にありがちなこと