東郷「はぁ…このままじゃ駄目ね」