「何とか復活して欲しい」― 好投直後に離脱、松坂大輔の今